birthlight

Global

  • Birthlight Global

North / South America

  • Argentina
  • Brazil (Brasil)
  • Peru (Perú)

Asia Pacific

  • Australia
  • China (中华人民共和国)
  • Japan (日本)
  • New-Zealand
  • Philippines
  • Singapore
  • Taiwan (台灣)
  • Thailand (ประเทศไทย)

Europe

  • France
  • Cyprus
  • Germany (Deutschland)
  • Greece (Ελλάδα)
  • Italy (Italiano)
  • Netherlands (Nederland)
  • Portugal (Português)
  • Russia (Российская Федерация)
  • Spain (España)
  • Switzerland (Schweiz)
  • United Kingdom

マタニティヨーガ <パート1><パート2>  〜妊娠と出産のためのヨーガ

Perinatal Yoga Diplomaバースライトは、1990年代以降、周産期のためのヨーガ(マタニティヨーガ・産後のヨーガ)の分野において指導者養成のパイオニアとなってきました。<マタニティヨーガ指導者養成コース>は、ヨーガインストラクター(資格保持者)が対象です。

コースの対象者

ヨーガインストラクター(資格保持者)のみ。

コース概要

マタニティヨーガ <パート1><パート2>
 〜妊娠と出産のためのヨーガ


資格取得コースは、2パートで構成されています。パート1は基礎学習、パート2を終了することでディプロマ(修了証書)が授与されます。コースには、宿泊型(遠方者向き)と通学型があります。通常、通学型コースでは、パート1終了後一定期間をあけてパート2を受講することになります。パート1の終了後に自己学習する時間を設け、受講者はコース課題に取り組みます。宿泊型コースでは、パート1とパート2は同時に受講することになります。この場合、受講者はコース課題をパート2終了後にこなすことになります。

このコースが目指すのは、妊産婦にとって安全でふさわしいヨーガの練習にとどまりません。ヨーガクラスを通じて出会った妊婦同士が、出産後もずっと、互いに協力しあえる友人関係が築けるような環境を作り出すこと、そして妊娠から出産という一大イベントを経験する女性一人一人を支えるために、ヨーガをうまく活用する秘訣をお伝えすることなのです。

近年人気のある妊産婦向けのヨーガの分野において、バースライトのマタニティヨーガ指導者養成コースは、他に類ない特徴があり、質の高い研修を提供しています。

  • バースライトのマタニティヨーガ(妊娠と出産のためのヨーガ)では、女性が体験する受胎から出産、そして産褥期までの道のりを一連のものと捉えます。よって、コースでは妊娠(初期・中期・後期)、分娩、産褥期といった各ステージで常に女性が「Wellbeing(健全な在り方)」を保つことができるような実技をお伝えします。
  • すべての実技は、関連のある解剖学、生理学と合わせて総合的に学びます。妊娠と出産に関する専門知識を織り交ぜることにより、妊娠・出産の各段階でどんなヨーガが有益なのかきちんと理解できるようになります。理論と実技は常に切り離せません。
  • アーサナ,プラーナーヤーマ、バンダなどヨーガの要素がすべて含まれており,伝統的な型を具体的にどのように妊産婦向けに修正するべきなのか明確に説明しています。例えば、アーサナは流れるような動きに修正され、妊娠経過に応じて順に進んでいったり必要な要素を加えたりします。プラーナ-ヤーマ(調気法)は妊娠した身体を考慮して易しいものに、バンダ(筋肉の締め付け技法)は出産を楽にするものにそれぞれ修正されます。
  • 受講生は、これまで各々のヨーガ実践では意識しなかった、ヨーガの新たな側面を発見することになります。それは、骨盤の深層筋を意識する、呼吸と横隔膜のつながりを理解する、声に意識を向ける(NadaYoga)、自己育成(アーユルベーダ)、バースライトで編み出されたマイクロ・ムーブメント(微小運動)など、マタニティヨーガ特有のアプローチ方法により意識化が深まることによります。
  • 身体面のトレーニングはもちろん、母親になる過程の心の在り方、スピリチュアルな部分の変化をも支援するトレーニングをしていきます。非暴力、手放す、といったヨーガの原則はそのままお産に応用できます。受講生はまず、すべての実技を実際に体験してから、それらをどのように教えるのか学びます。

Perinatal Yoga Diploma

コースの評価はどのようになされるのですか?

パート1では、最終日のクラス実習試験をバースライト講師が採点します。パート1終了後の自己学習期間には、コースワーク(課題)が課せられます。コースワークの内容は、問題集(エッセイを含む),2つのケーススタディ、4つのクラス見学、関連書籍やDVDの評論文です。コースワークの採点と、パート2での最終クラス実習テストを評価・採点し、マタニティヨーガ指導者養成コース修了証書(ディプロマ)が授与されます。
注)日本の受講生は、課題をすべて英語で提出する必要があります。課題の翻訳に関してはコースオーガナイザーに相談してください。

どのような資格が取得できるのですか?

マタニティヨーガの修了証書は、マタニティヨーガ・インストラクターとして専門性を有し、信頼のおける人材であることを示すものになります。修了証書保持者は、バースライトのインストラクターとして登録され、バースライトのホームページのインストラクター欄に名前を掲載することができ、各自のホームページとリンクさせることができます。また「Find A Class」ディレクトリーに自分のクラスの情報を載せることができます。

バースライトの指導者養成部門はYoga Alliance UK(英国ヨーガ連盟)の厳しい認可要項を満たすもので、研修として最も高い水準であり、修了生は質の高いトレーニングを受けた証しとしてRYT(Registered Yoga Teacher)(認定ヨーガ講師)のタイトルを使用することができます。

バースライトのマタニティヨーガ修了証書は、CNHC(代替医療・自然療法評議会)の教師登録制度に認められています。修了証書を有する人は、バースライトを通じて登録できます。
また、このコースはFEDANT(英国妊婦教育者連盟)の認可を受けており修了者は、国家指導者リストの記名に申請できます。